DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/06/21(日)   CATEGORY: 雑記
12KAAAAAAAN!!!
出先で「まさか早売りしてないよねー」と書店に立ち寄ったところ、そのまさかでした。

というわけで少々早めに12巻ゲット!ネタバレにつき畳みます!
表紙裏漫画、らーぜのこどもシリーズではありませんでしたが、やはりそこは我々の予想斜め上をいく先生のこと、大興奮のネタを投下してくれました。

部室の南京錠のパスワードが「871」ってええええええええ!

西広先生の適当(?)な提案に、「いんじゃん!」と満面の笑顔で賛同してる田島と、その後ろで「ええ」と照れくさそうに頬を染めている花井。この何気ないたった1コマの描写だけで、ちょっとやばいくらいに興奮してしまうわたくしは、相当タジハナに飢えていたようです。最近アフタにぜんぜん出てこなかったもんね。しょーがないしょーがない(止め処なく流れる鼻血を拭いながら)。南京錠を外す時、田島が無意識に「8・7・1」って数字を読み上げてしまって、その度に花井が「口に出したらパスワードの意味ねーだろ!」ってしかりつけながら、内心ドキドキすればいいと思います。なにげに画面の隅っこで阿部が三橋の方にちらっと視線をやりながら「こいつも384じゃん」とさもいいことを思いついたような顔をしていて、おまえはどんだけえええ!!!と思いました。なかよきことはうつくしきかな。

肝心の中身ですが、ちょうど美丞に翻弄されるターンでハラハラ冷や冷やドキドキしつつ、懸命に反撃の糸口を掴もうとするらーぜの姿に終始ときめいた巻でした。やっぱり野球している彼らを見るのが大好きだー!敵の守備位置変化にいち早く気づいて、打球をコントロールする田島がほんとにかっこいい・・・ほれる・・・。それに比べて花井の「あいつ、いつも守備とか見てんのかな!」って・・・泉でなくても「知るか!」って言っちゃうわー(笑)。前回、あんだけ田島にグルグルして競い合うことを心に決めたというのに、この緩いというか天然な部分はいったいなんなのでしょうね。でもそんな隙ありまくりの花井に「ばっか!」と思いつつ、溢れる愛おしいきもちが押さえられないよ。田島と花井が絡むシーンもちょこちょこあって、終始うひょーでした。田島に「おまえの力見せてやれ!」と檄を飛ばされて、「・・・え?」って花井が頬を染めるシーンのキラキラトーンが気になってしょうがありません。花井、何か出てる出てる!(焦)

というわけで、早くもらーぜ反撃の13巻が待ち遠しくてしょうがありません。テンションめちゃくちゃ上がったところで、原稿モリモリやるど!
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ひねもす. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。