DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/08/20(木)   CATEGORY: 雑記
実家に帰ってきたら
にゃんこが巨大化していました(ドーン)。

実は熊の子でしたと言われても私は驚かない

母親に勧められて観たブニュエルの「皆殺しの天使」が思いがけず恐ろしい映画で、どうしようかと思いました。パーティーで屋敷に集まった男女十数名が、目に見えない「なにか」に寄ってパーティールームに閉じこめられ、水も食糧もない極限状態の中で醜態をさらけ出すという物語。きれいに着飾ったひとたちが薄汚れ、徐々に精神のバランスを失っていく過程が、下手なホラーよりよっぽど怖い(震)。高校生くらいの時にNHKで「アンダルシアの犬」を観て以来、ブニュエル=きもちわるいという構図が出来上がっておりましたが、この監督は人間の潜在的・生理的な恐怖を捉えるのが本当にうまいなあと思いました。何度も観たいかと言われると「うーん」ですが、地味にすごい映画です。
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ひねもす. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。