DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/04/30(金)   CATEGORY: アニメ感想
ぽわぽわ(アニメ第5話感想)
一晩寝て、ようやくほんのちょっと理性が戻ってきました。

というわけで、アニメ第5話の感想です!花井ぃぃぃ。

今週はいきなり花井のバッターボックスからスタート。待って待ってまだ心の準備が!アワアワしているうちに「ドキンドキンハフッ」のシーンはあっという間に終わってしまいました。あ、あれええええええ。原作でこのシーンが好きすぎるあまり、それこそ骨の髄までしゃぶる勢いで妄想していたせいか、私の中で「ドキハフッ」のシーンが大河ドラマ全50話分くらいのボリュームに膨れあがってしまっていたようです。録画しているのをもう一度見直して、ようやく花井の表情を落ちついて堪能することができました。恥ずかしいところを衆人環境に晒す梓ハアハアハアハア(*´p`*)。ドキドキグルグルしている花井にかかる、田島の「広く広くー!」の声が雄っぽく掠れ気味で、よけいにこのシーンのエロス度を上げているような気がします。モモカンの「凄く力んでる」発言すらエロい。花井、もうちょい力抜いて(下野声)。

今回は花井が成長する話なだけに、製作サイドもかなり気合いを入れて花井を描いてくれていました。作画がすごくきれいなのはもちろん、「花井の目を通して見た田島」を見ることができて、すごく良かった!「毎日の挑戦と結果が苦しくて辛くて いいんだ」と花井が気づくシーンで、バッターボックスに立つ田島の姿が画面に現れた時、ああ、花井の目には田島がこんなにもかっこよく映ってるんだなあと思ったら、目頭がジワリと熱くなりました。これだけかっこいい相手がライバルなんだもの、そりゃあ苦しくても辛くても追いかけたくなるよ!

それにしても田島は、花井が相手だと他のメンバーとはまるっきり違う感情を見せるなあ。「おい、三橋いじめてんなよ」にしても「まあまあの四番だったな」にしても、つっかかる感じが、好きな子ほどいじめてしまうガキンチョの態度に思えてならないのは私だけですかニヤニヤ。野球も性格も超一級の男前、非のうちどころがないスーパースターの田島が、こと花井の前では人間らしい感情を剥き出しにする、それこそが私のタジハナ萌えの原点だな~と改めて実感しました。タジハナいいよタジハナ。

そして…今回いろいろと語っておりますが、まあようするに何が言いたかったかというまとめ。

花井ハ田島ガ好キスギルネ。

番組終了直後の日記でも叫んでおりますが、田島に「二打点じゃん!」と褒められた時の花井の表情が、本当にもう恋する乙女そのもので、深夜であることも忘れて思わず「ヒィィィッ」と叫んでしまいました。キラキラ潤んだ目、ふにゃっと下がった眉、ぽわんと赤く染まった頬、嬉しさがこみあげる口元、ぽわぽわと大きな水玉が飛ぶ背景……こらこら花井自重しろ、嘘、もっとやれ!(混乱)こんなに好き好きフェロモンがだだ漏れだと、いかに野球馬鹿(失敬)の田島でも気づいちゃうだろ!と、ちょっと心配になりました。いや、気づいてくれて大いにけっこうなのですが、ほら、俺たち、まだ高校生だろ……?

というわけで、怒濤の崎玉戦も今回で終了。来週からは少し落ちついて見られるかなーと思ったら、次回予告で花井の着替えシーンがチラっとな。もうこれから毎週、野球部主将のお着替えシーン入れてくれたらいいよ。ゆみかおるの入浴シーン的に。

CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ひねもす. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。