DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/05/16(日)   CATEGORY: アニメ感想
花井家美人三兄妹(アニメ第7話感想)
振りアニメ2期、早くも折り返し地点か-。7月の私は腐抜けている予感。アニメ2期が終わったら何を心の支えに生きていけばいいの(原作です)。

とうわけで、7話感想です!


7話の見所はなんといっても、らーぜの家族大集合でしょう!らーぜが高校1年生という設定はもちろん頭に入っているものの、こうしてお父さんお母さんが登場すると、そっかーみんなまだまだこどもだったんだなーということを改めて実感します。阿部なんて、普段が「ほんとに高校生か?」と思わせる言動なだけに、阿部父とやりあう場面では今まで見ることのなかった青臭さが前面に出ていて胸キュン。ガキっぽい阿部、すごくかわいいなあ。タレ目とドスの効いた声以外はママ似で良かったね。三橋家のみなさんは、DNAの繋がりをはっきり感じさせる顔ぶれですな!学校職員・准教授・高校球児は世を忍ぶ仮の姿で、本当は森の奥深くに生息する妖怪不思議な生物だと思うのです。栄口くんのお姉ちゃんと弟もかわいいなあ。姉弟で顔がそっくりなのが和むなあ。お母さんがいない中で、この三姉弟が支えあっている姿を想像して、ちょっとほろりとしました。巣山父の年齢を感じさせないボリュームの髪を見て、息子の高校卒業後の髪型に思いを馳せました。そういえば同人界において、大人になった花井が髪を伸ばす設定はよく見かけるけれど、巣山ってどうなんだろう。ちょっと気になるー。

そして今回何よりの衝撃だったのは、花井家の双子ちゃんですよ奥さん!原作で初めて登場した時もかわいいな~とニコニコしたものですが、アニメで声と動きがつくとニコニコをとおりこしてデレデレしてしまう!なんだあのかわいい生き物は~.゚ ゜*。(*´Д`)。*° 。*:゜あんなにかわいい妹ズがいるということは、必然的に兄である花井もかわいいという自然界の法則を垣間見た気分です。ご近所では花井家の美人三兄妹として評判だよ!上のお兄ちゃんは将来田島家の末っ子と結婚する予定だよ!(錯乱)双子ちゃんたちの髪の色が茶色だったので、前にほんの一瞬だけ妄想したことのある「花井、ハーフもしくはクウォーター設定」(パパが外国人)が頭を過ぎりました。じゃあ三橋とか水谷とか栄口はどうなんだという話。

その他印象に残ったあれこれ!

・美丞からもスカウトの声がかかっていた田島。改めて考えると、田島が硬式野球部のない無名校=西浦に入部すると決めたことで、周囲に与えたインパクトってけっこう大きかったんだろうな。名だたる名門校からのスカウトを断って、必死で勉強して西浦に入学した理由。本当に「ひいじいが倒れて救急車で運ばれてもすぐわかるように」っていう理由だけなのかな。いろいろと妄想が膨らむところです。

・ストレッチそっちのけで噛みあわない会話を繰り広げるバッテリーを叱りつけるキャプテン。みんなのお母さん。

・バッドを取り落としそうになった三橋に「俺が持ってやろう」とあくまでさりげなく(←重要ポイント)手を貸す巣山かっこぇぇぇぇぇぇ。

・田島の「なにおー」のイントネーションがかわいいよう~。ちょっと裏返った感じがたまらん。

・阿部父の「どうっ」音が入っていなかった。残念すぎたので、録画を見返す時は自分で「どうっ」と言うことにしました。

・三橋家の食卓にのぼる野菜の量にびっくり。やっぱり森の不思議な生物(以下略)。

・焼まんじゅうの蓋を開けた瞬間、ピカーッと放たれる眩い光。やっぱり森の(以下略)。

・阿部家食卓のおかずがピザのように見えるのは気のせいですか。

・中学時代の友達から一度も連絡がこない阿部。ブワッ。

・花井が「浜田 さん」って遠慮がちに言う感じがかわいいなあ。

・三橋の自転車の鍵番号「1307」が解読できない。何かのゴロかな。

・浜ちゃんと三橋父が再会するシーンで、唐突に浜ちゃん×三橋父フラグが立ちました。17歳の少年を前にしてもかわいい三橋父っていったい何者。

・ラストシーンの阿部と三橋がチュウするかと思いました。

来週はいよいよ美丞戦突入。ハラハラするぜい!

CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ひねもす. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。